エンドロールが終わるまで。

篠田あや

エンドロールが終わるまで。

映像研究部の先輩・向井の作品の被写体に指名され、向井と1日デートすることになった日向(ひなた)。撮影と言う名のデートを一通り終えた二人は最後に映画を観に行くことに…そこでエンドロールが終わる前に映画館を立ち去ってしまった向井は、ひなたを被写体に選んだ理由を告げる。「俺さぁ…嫌いなんだよね、エンドロール――」

著者
篠田あや
発行
エコーズ株式会社
タグ
恋愛日常
ジャンル
青春
レーベル
マンガハックPerry