今すぐMiCCOMiでイッキ読み!

初回31日間無料トライアル
愛蔵完全版 紅い牙

柴田昌弘

愛蔵完全版 紅い牙

黄金期の「花とゆめ」(白泉社)を和田慎二とともに支えた巨匠・柴田昌弘の代表作であるSFファンタジー巨編、ついに開幕!第1巻 狼少女ラン小松崎 蘭(15)は、普通の高校に通う普通の女子高生だった。いや、普通の女子高生の振りをしていた。実は、蘭は生まれてから5年間、カナダで狼に育てられた狼少女だったのだ。そして、蘭には義父・小松崎 宗に口止めされたすごい能力があったのだ。そんな夏のある日、蘭の高校に新任の女教師・寄木冴子が赴任してきた。寄木先生は遺伝学の権威・寄木博士の娘で、小松崎 宗にすごい恨みを持っている人物だった。この日を境に、市内で野良犬が人を襲い出す。クラスメイトは狼に育てられた蘭が関係していると知り、蘭を疎外するようになる。果たして、野良犬事件の首謀者は一体…。そして、蘭の運命は…!?<目次>PART 1PART 2PART 3PART 4PART 5初出:別冊マーガレット(白泉社)1975年8月号

著者
柴田昌弘
発行
ゴマブックス
タグ
学園SF
ジャンル
ファンタジー