今すぐMiCCOMiでイッキ読み!

初回31日間無料トライアル
満つる月 または僕

キーア桜生

満つる月 または僕

ゴミ捨て場に血を流し倒れていた六実(むつみ)。目の前には泣きじゃくる女。女は小月(こづき)と名乗り、「自分のウサギをもらってくれ」と言い出した。わけがわからないまま、六実は小月の運命に巻き込まれていく。ウサギは人の言葉を話し、夜中に六実を叩き起こした。向かった先のゴミ捨て場で六実が見たのは、裸足のパジャマ姿でパソコンや服を捨てている、夢遊病のような小月だった。別の日には、就寝中で小月が宙に浮き、物が次々とゴミ箱へ投げこまれていた。小月はいったい何者なのか? なぜウサギは人の言葉を話すのか?面倒ごとが起きそうな小月だが、“好みのタイプ”であるのが六実の弱みだった。女性が苦手だけど離れられない、ジタバタするヘタレを見守る恋愛ファンタジー。

著者
キーア桜生
発行
ナンバーナイン
タグ
ファンタジー恋愛
ジャンル
恋愛